所有している資格を生かした転職活動

所有している資格を生かした転職活動

 資格を取得しているからといって、必ずしも所有している資格に関連した仕事に就けるわけではないことを頭に入れておきます。転職活動においては、確かに資格や技術の取得をしている人ほど有利に働きます。企業が選考を行う際に応募の資格を掲げることが多いが、特に事務職に関しては、パソコンのスキルなどを求めている企業は多いです。応募者の中で人間性などの人物の部分の能力はほとんど同じで、スキルがある人とない人がいれば当然ながらスキルのある人を採用するのが当たり前です。

 

 しかし、資格取得に関して注意するべき点として、資格や技術の取得をしていても、現状において資格や技術を取得している人の全員が就職できているわけではないです。一部の人しか身につけることができないほどの困難な資格や技術でない限りにおいて、少しの努力で身につけることができるパソコンの資格を取得しておくだけでは、アピールの対象とならない場合が多いです。

 

 資格に関して重要なのは、あくまでも他の人と差をつける武器の一つととらえて、仕事に資格が貢献できる部分を具体的にアピールする事です。例えば、応募者全員がパソコンの資格を取得していれば、応募者が採用担当者に対して、具体的に資格を仕事に生かしているアピールができていて、最も伝わる人を採用の対象とします。しかし、あまり資格や技術といった部分に頼らずに、面接において良好で具体的な人間性をアピールすることも忘れてはならないです。


ホーム RSS購読 サイトマップ