転職のとき求人情報だけを鵜呑みにする必要はない

転職のとき求人情報だけを鵜呑みにする必要はない

 転職をするとき、年齢を気にする人はとても多いのではないでしょうか。だいたいどこの企業でも平均して20代30代の需要が多いため、そこから外れた年代の人たちは転職に踏み切りづらいと思います。また、たとえ30代であっても、30代前半の需要が転職では多いので、同じ30代でも年齢には敏感になります。

 

 しかし、たとえば35歳までを提示している企業は、36歳の人を絶対雇わないというわけでは決してありません。最近では、良い意味でも悪い意味でもマジメな性格の人が増えていますが、そうした転職条件まですべてマジメに当てはめる必要はないと私は思っています。

 

 そうした企業が提示する求人というのは、本来あくまでも目安ですから、たとえば年齢が1歳や2歳それからズレていたとしても、そんなことが関係ないくらい優秀な人材であれば必ず採用します。

 

 そして、それは年齢面だけに限ったことではありません。給与面、休日面、勤務地など、交渉次第ではどうにでも変えられる、ということを覚えておいて損はないと思います。ですから、企業が出している求人情報を杓子定規にとらえる必要はまったくないのです。

 

 転職をするときには、そうした常識にとらわれない頭の柔軟性というものも必要になってきます。そうした柔軟性を持ち合わせていないと、厳しい現代社会で転職をすることはなかなか難しいと私は思います。

 

 ですので、求人情報だけを鵜呑みにする必要はないのだと、私は転職希望者にアドバイスしたいです。


ホーム RSS購読 サイトマップ