転職活動の面接を無難に乗り越えるために必要なこと

転職活動の面接を無難に乗り越えるために必要なこと

転職活動の面接で気をつけなければならないこと

 転職活動での面接では、いろいろなことを聞かれます。中途の転職者の応募の場合、かなり踏み込んだ質問が飛び交うこともあります。なぜ、前職は退職に至ったのかということから始まり、志望動機はなんですかという流れです。この流れに沿って、会話の経緯によって、さらに踏み込んだ質問もたくさんされることがあるはずです。

 

 何とか全ての質問に、即座に回答しなければならないと肩に力が入っている状態だと、余計なことを言ってしまうということがあります。転職活動がずっと続いている人のなかには、傾向として、余計なことを行ってしまうために不採用が続くという人もいるくらいです。確かに、転職の面接では、質問には質問に答えなければならないですが、あまりにも肩に力が入っていると、余計なことを言う可能性が出てくるものです。質問には答えつつも余計なことを言わなければ、採用される可能性はずっと高くなります。

 

転職活動の面接で余計なことを言わないためのコツ

 面接をしている人の質問を、落ち着いてよく聞くことで、質問の趣旨が理解できるはずです。質問の趣旨に丁寧に答えればいいだけです。そうすれば、余計なことを言わずに済ませることができます。
相手の立場に立つ、応募先側の立場に立つ、つまり採用する側の目線で俯瞰して見ながら受け答えをすれば、余計なことを言わずに、面接の質問の回答を無難に乗り越えることができるのです。

 

 自分目線で受け答えをすると、余計なことを言ってしまう可能性が出てきます。相手側の目線で俯瞰して想像しながら、どのように回答すれば、一般常識のある社会人らしい回答になるだろうか、雇いたい人間だと思われるだろうか、と頭の片隅にこのことを置きながら受け答えをすれば、余計なことは一切言わずに済ませることができます。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ